人気がある車のハイエースバンの魅力

ハイエースバンは構成の柔軟性が魅力の車

人気がある車のハイエースバンの魅力 ワンボックスカーで人気の車、ハイエースは、主にバン、ワゴン、コミューターという3つのシリーズに分かれています。主要な違いは乗車定員です。
コミューターとワゴンは多人数乗車を目的としており、それぞれ14名、10名まで乗車することができるタイプです。
一方ハイエースバンは、乗車定員は2、3、5、6、9名とさまざまになっています。

というのも、ハイエースバンはトランスポーター(輸送車)としての利用を主な用途として作られているため、さまざまな車内構成が選べるようになっているのです。
収納スペースを最大限確保するなら乗車シートは最前列のみで3人乗りにしたり、シート数を多く用意するなら3人シートを3列の9人乗りにしたりできます。間をとって2列、6人まで乗れるような構成にもできます。2〜3列シートを選んでも、後列シートは不使用時には折り畳むことにより収納スペース化することも可能です。
この柔軟性が、コミューターとワゴンにはないハイエースバンならではの特長です。
また、ハイエースバンはエコカー減税対象車で、ワゴンは対象者ではないという違いもあります。個人で利用する場合、一般的なファミリーユースなら乗車人数も収納スペースもフレキシブルなハイエースバンの方が幅広い用途に対応できそうです。
Copyright (C)2022人気がある車のハイエースバンの魅力.All rights reserved.